地域貢献活動

ビジョン

トップ元町三丁目について>ビジョン

神戸・元町の魅力> 元町三丁目の歴史> ビジョン>

ビジョン

長い歴史と、新しい気持ちが共存。未来を見据えるキーワード

「景気が回復してきた」というニュースを耳にする機会もありますが、まだまだ景気の動向に不安をお持ちの方々も多いと思います。高級車、スーパーブランド、高級レストラン、高級ホテルに人が集まったバブルの時代から打って変わり、景気の低迷が連日のように報道されていた影響が強いのでしょう。

ビジョン

しかし、「物は考えよう」と言いますように、昔の栄光を懐かしむより、これからをどう生きるのかを考え続けたいと思います。

元町三丁目は歴史の長い商店街でありますが、向かっているのは過去ではなく、これからの未来なのです。

繋

これから、商売に於いては、個々の努力に加え、人と人の繋がりがより大事になっていくのではないでしょうか。 同じような物を買おうとするなら、繋がりの強いお店で買いたいと思う方も多いでしょう。
この繋がりを、元町三丁目で実現できれば、景気の上下に左右されない街ができると思っています。

創

商売を根本的に検証し、「今、世の中に必要なモノは何だろう?」と考え、創造する時が来ていると思っています。
日本のエネルギーが石炭から石油に代わった様に、時代の流れと共に進歩・変化していくことが大事なのではないでしょうか。

気

「気づき」の「気」をヴィジョンに掲げます。この「気づき」とは、お客様がしてほしいと思っていることを、事前に気づいて、 サービスする事です。サービスには必需的サービスと魅力的サービスがあります。「いらっしゃいませ、おりがとうございました」等の挨拶は必需的サービスで、 これを怠るとお客様は気分を害されます。しかし、魅力的サービスは、お客様が気分を害されるどころか、感動して何度もそのお店にお越しになる事にもつながります。
もう一つ、忘れてはいけないのは、「商売とは社会貢献である」という事。お客様にモノを買っていただいて、喜んでいただくためには、どうするべきかを考えていきます。 そして、たくさんの方々の笑いと優しさのあふれる商店街にしたいと考えています。