地域貢献活動

元町三丁目のhow to!

自家製水餃子が自慢のEve cafeに教わる!美味しい水餃子の食べ方
元町三丁目のhow to! カフェでは珍しい!水餃子の美味しさでも知られる Eve cafe

Eve Cafeではランチタイムのメニューとしても大人気の水餃子。本格的な味がおしゃれな店内でいただけます。
実はこの水餃子、通信販売やお持ち帰りも出来ます。
ご家庭でもお店のような美味しい水餃子を楽しむために、コツやポイントをご紹介します。

水餃子はこう作る!
①お湯を沸かし、鍋に水餃子を投入する

 大きめのお鍋でお湯を6分目程入れて沸かし、沸騰したところに、木べらなどでお湯をグルグルとかき回しながら、水餃子がくっつかないように1つずつ投入していきます。

②差し水をする

 フタをして1度沸騰するのを待ち、沸騰したところで、たっぷりの差し水(400~500ml)をし、再び沸騰するのを待ちます。
これをもう1度繰り返します。(合計2回)

③仕上げ

 最後に再び沸騰するのを待てば、美味しい水餃子の出来上がりです。
網ですくって、お皿に盛りつけます。

ここがPOINT!

平皿よりも、くぼみや深さのあるお皿がオススメ!香菜(こうさい/シャンツァイ/パクチー)を添えて食べるともっと美味しいですよ。


この水餃子は皮もすべて手作り!餡に入れたエビも潰し過ぎずにエビの触感がわかるようにするなど、工夫がいっぱいです。 お店ではポン酢でいただきますが、味噌だれでいただくのもオススメです。
ARRANGE!

この水餃子は皮もすべて手作り!餡に入れたエビも潰し過ぎずにエビの触感がわかるようにするなど、工夫がいっぱいです。
お店ではポン酢でいただきますが、味噌だれでいただくのもオススメです。

【味噌だれの作り方】
みそ(お好みのもの) ・・・大2
さとう ・・・大1
酢 ・・・大1.5
醤油 ・・・大1
豆板醤 ・・・小1~2(お好みの辛さで)
すべての材料を混ぜるだけ。

※こうじみそを使った場合のみ、「みそ・酢・醤油」を混ぜたところで1度こすと、滑らかになります。 その後、さとうと豆板醤を混ぜてください。
スープに入れたり、鍋に入れても美味しいですよ!


Eve café(イヴ・カフェ)

Eve café(イヴ・カフェ)
住所:神戸市中央区元町通3-10-4 アダムビル2F
電話番号:078-333-5208
営業時間: 9:00~21:00(L.O 20:30)(定休日:水曜日)

自家製水餃子が自慢のチャイニーズカフェ&ダイニングのお店です。豚まんや焼売を中心とした飲茶メニューの他、季節のお野菜がたっぷり食べられるセイロ蒸し等、メニュー色々!もちろん、こだわりのワッフル等のスイーツやカフェメニューも充実。

通販はこちら 店舗詳細はこちら